栗原はるみプロデュース オリジナルキッチン harumi's kitchen

harumi's kitchen - SYSTEM KITCHEN
harumi's kitchen - SYSTEM KITCHEN

私が楽しいと思う工夫を
このキッチンに詰めました

「はるみさんのキッチンの魅力が詰まっているよね」
うちのキッチンを知る人が『harumi’s kitchen』を見てそう言いました。私がいちばんに望んだ可動式のワークトップワゴンを組み込むことでキッチンが使い勝手だけでなく自由で楽しい場所に変わります。

システムキッチン全体は清々しい白で、ワークトップワゴンのスチール部分と跳ね上げ式扉には私の大好きなネイビーを配色。キッチンカウンターとワゴンの天板に使われている人造大理石はなんと厚さが1cm以上もあり、模様に透明感と深みがあってきれいです。

ワークトップ
ワゴン

Worktop Wagon

作業スペースが広がり
サブテーブルにも使えます

ワークトップワゴンは人の手を借りず簡単に移動できるので気楽です。安定感のあるキャスターの動きはとても軽くなめらか。どこでも作業スペースになり、サブテーブルにもなります。4面から出し入れができて掃除もしやすく、片付けや模様替えも苦になりません。

メインキッチンのカウンター下に納まるよう設計されているワークトップワゴン。天板サイズは56cm×57cmと可能な限り広くしてもらったので使い勝手がとてもいいです。
天板の上で直接生地をのばしたり型で抜いたり。必要な材料や道具を収納したワークトップワゴンがあるとお菓子作りも手軽に始められます。焼き上がったらワゴンの網棚をはずしてクーラーがわりに。お茶セットを並べればカフェテーブルにも。

キッチン
キャビネット

Kitchen Cabinet

実用だけでなく、遊び心のある
収納を心がけています

カウンター下のキャビネットにはキッチンで必要なものは入れておきたいのですが、実用ばかりになっても楽しくありません。私はときどき模様替えをしながら、カゴや空きびんを使って使いかけの食品や文房具も収納しています。

シンク下の大きなキャビネットはスライド式で取り出しやすくなっています。毎日使う鍋やボウル、バットなどはここに収納。キッチンクロスやカトラリーの一部も私はこの場所に。計量カップなどはバーにかけておくとすぐに探せて助かります。
下段のキャビネットには手前にラップ受けとしてつくられた小さな棚があり、私はめん棒や缶詰め、びんものなどをのせています。急にほしい空きびんや保存容器、ペンやはさみ、カラーゴム、ラッピングやネームタグに便利なマスキングテープなどもコーナーに。

キッチン
カウンター

Kitchen Counter

キッチンにいるのが楽しいと
いつもきれいにしたくなります

人造大理石のカウンターは清潔感があってお手入れはとても簡単です。ネイビーの扉は跳ね上げ式で調理中開けたままでも、閉めればすっきり。毎朝キッチンがきれいに片付いていて、ほっとできる小さなコーナーがあれば、料理や家事が気持ちよく始められます。

カウンター壁面の棚は人造大理石で奥行12cm。この狭さが飾り棚にちょうどよくて、家族の写真や気に入って買った器、庭のハーブ、手描きのイラストカード、大事にしているスピーカーなど、私は好きなものを並べて、眺めるたびに楽しくなる場所にしています。また、キッチンカウンターの奥行は70cmで通常より5cm広め。コンロ奥にちょっとものが置けます。
人造大理石は熱や衝撃に強くて耐久性があります。『トクラス』オリジナルの厚みのある質感は見た目が美しく、手ざわりもなめらかです。ふだんのお手入れは水拭き、油汚れは中性洗剤で落とせます。細かいすりキズならナイロンたわしできれいになります。
キッチンカウンターのサイドパネルには、椅子をかけるフックをつけました。私は気楽な折りたたみ椅子をかけていつでも座れるようにしています。キャビネットの取っ手がちょうどタオルかけに使えるので、キッチンタオルもかわいくしたくなります。

トクラスの人造大理石ワークトップ

汚れ、傷、衝撃に強く、なめらかな形状。気兼ねなく、いつも美しく使えます。

調味料などが染み込みにくく毎日のお手入れは水拭きだけで清潔さを保てます。
熱や衝撃に強い厚みと高い性能を備えています。(日常での使用には鍋敷をお使いください)
キズがつきにくく、万が一スリキズがついてしまってもナイロンタワシで補修。
汚れのたまりやすい段差がないなめらかな形状なのでお手入れが簡単です。

メインと組み合わせて
楽しく使えて収納もたっぷりです

『harumi’s kitchen』ではメインに対してサブキッチンもつくりました。
メインシンクと使い分けができるサブシンクと引き出す前から中が見えるオープンストッカーが大きな特徴です。楽しく使えるワークトップワゴンも一台収納しています。

キッチンにサブシンクがあると、メインキッチンでは洗い物をして、ここではワインを冷やしたり、野菜を水につけるなどの使い分けができます。水を使える場所が複数あればお客様もさっと手を洗って調理を手伝ってくれるので私も頼みやすいです。

キッチン
ストレージ

Kitchen Storage

引き出しの上から中が見えるので
自分以外の人も楽に探せます

オープンストッカーは引き出しを引く前から中が見えます。引き出せば一度に見渡せるので、奥にしまっていた器は忘れないで使えるし、乾物はそろそろ食べなくちゃ、という気持ちになります。自分以外の家族やほかの人にも探し物が楽になるはずです。

サラダ用のボウルや大好きな高台のついた器を片付けながら、一緒に使いそうなカトラリーを並べます。朝食の器やカップの横にはシリアルの保存びんやティーバッグ。使うシーンごとに必要なものをまとめておくとすぐ取り出せて安心で、楽しいです。
このオープンストッカーのヒントになったのは、うちのシンク脇でずっと使っているグラスやキッチンクロスの収納棚と、可動式の食品ストッカーです。隙間から中が見える引き出しや棚は「自分らしく片付けたい」という気持ちになります。

詳しくはお近くのショールームで

harumi's kitchen は、トクラスショールームと東邦ガスショールームでご覧いただけます。ご自宅の間取りに合うプランをご提案いたしますので、ぜひご相談ください。

カタログのご請求はこちら

harumi's kitchenの「システムキッチン」カタログと「ワークトップワゴン」冊子を無料でお届けします。

建築・設計に関わるビジネスの方は、こちらからご請求ください